富山県高岡市の特長

富山県高岡市の特長について

富山県高岡市の伝統産業とは

富山県高岡市は富山県の北西部に位置する同県第2の都市で、平しげる28年5月時点での人口は約17万5千人となっています。かつての藩政時代に各種産業を奨励し、特に漆器や銅器は今現在も富山県高岡市を代表とする伝統産業となっており、その他の伝統工芸同様に職人の高齢化は進んでいますが、自治体のサポートも含めて若い工芸職人が現代の感覚を織り込んだ新しい作品を発表し続けています。そして当時の雰囲気が感じられる街並みが残されており、国宝指定された瑞龍寺や高岡大仏、その他の貴重な歴史的建造物、文化財も多いことから観光都市としても存在感を発揮しています。その他では紙、パルプといった近代工業もしっかりと根付いています。富山県高岡市は県庁所在地である富山市、隣県の石川県を代表する都市である金沢市に挟まれた立地条件となっており、両県からの交通アクセスも良いので休日などは両エリアから大型商業施設や観光スポット、グルメ施設等への訪問が盛んですが、東海北陸自動車道や能越自動車道が整備されており、近年は北陸新幹線もありますから今後は遠方からの観光客も見込め、よりいっそうの発展が期待できる将来性のある都市となっているのです。

富山県高岡市の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 富山県高岡市の特長について. All rights reserved.